2011/09/07

惑星ニビルを探してみた

木星の4倍の質量をもち赤外線などでしか観測できないという惑星ニビルの接近やエレニン彗星の地球への接近(消滅した?)とか太陽フレアにフォトン・ベルトとかポールシフト、最後のラッパとかハープによる人工地震や気象操作による人工災害やUFO襲来など911から来年の1223くらいまでオカルト的な世界オワタなネタ満載でどんだけ終る終る詐欺があるんだよと思うのだが、太陽の近くに何かが写るという情報を複数みたので試してみた。
太陽をそのまま撮っても真っ白になるだけなので用意したのは赤外線フィルム。赤外線レンズやカメラは高いけどフィルムなら1000円以下で手に入った。
これなら太陽を見ても形がわかるし直視できる。見た目カメラのフィルムの黒いところと同じみたいだから携帯のカメラのレンズならそれでもいいのかな?
台風一過で雲一つない天気だったので早速撮影してみた。
おーなんか光ってるΣ((°Д°;;;)))
と携帯で撮影したり一眼レフのモノクロモードで撮影してみたが、たんなるフィルムの反射?
角度を変えると動く光は反射ぽいですね( ´・ω・)ザンネン
DVC00062.jpgDVC00067.jpg385146413.jpg
のぶB@名古屋 12:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 名古屋で一人暮らし日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
名古屋めしランチ

おやつは300円まで リラックマ ブログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。